ペニスの異変は性病かも?【放置したら二度とセックスできなくなる】

ペニスの異変は性病かも?【放置したら二度とセックスできなくなる】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペニス,性病

「おしっこすると痛い・・・」「ペニスにぶつぶつが出来て、かゆい・・・」

 

 

デリケートなペニス周りに異常があると結構怖いですよね。それはもしかしたら性病かもしれません。

 

 

治療せず放っておくと、男性では二度とセックスが出来なくなったり、最悪命に関わります。女性はそれに加えて、流産や不妊症の原因になりますので、少しの異変でも感じたらすぐに泌尿器科で診察してもらいましょう。

 

 

病院へ行く時間が取れない、病気の確信がないのに行くのは恥ずかしいという人には、性感染症の検査が自宅で出来る方法もあります。詳しい方法はこのページの一番最後で紹介しています。

 

 

性病は自覚症状がないままいつの間にか感染していたということが多いので、心当たりのある方は早めの検査をオススメします。


性器クラミジア感染症

クラミジア感染は日本で最も多く、その数100万人以上と言われています。

 

 

男性も女性も発症する可能性のある病気で、自覚症状に乏しいため本人が気付かないうちにパートナーへ移してしまうケースがあります。

 

 

主に「尿道」に感染し悪さをするので、次のような症状が出ます。

 

  • 尿道から膿(うみ)が出る
  • 排尿痛がある
  • 尿道にかゆみや熱っぽさがある

 

 

尿道に痛みを伴い、膿が出るのが特徴です。ただし、感染してもそれらの症状が出るとは限らず、本人でも気付かない場合が多いです。また、治療せずに放置すると、前立腺炎や他の性病に罹患するリスクが飛躍的に高くなるので、少しでも異変を感じたら検査をおすすめします。

 

 

ちなみに、クラミジア感染は喉にも感染するので、パートナーが喉の痛みや腫れを起こした場合も注意が必要です。

淋菌感染症(淋病)について

淋病は感染力が以上に高く、淋菌を持っている人とセックスすれば30%の確立で感染するそうです。また、淋病とクラミジアに同時感染している人が2割から3割いるとも言われています。

 

 

男性はクラミジアと同じく尿道感染し、次のような症状が出ます。

 

 

  • 尿道からクリーム状の膿(多量)
  • 激しい排尿痛
  • 尿道にかゆみや熱っぽさを感じる

 

 

症状自体はクラミジアと変わりませんが、それをもっとひどくしたようなもの。淋病になったことがなくても、自分が何か性病を発症したと分かるくらいの症状が出ます。

 

 

女性も感染しますがこちらは自覚症状が乏しく、喉にも性器にも感染します。そのためあらゆる性行為が感染源となり、男性は風俗店通いで淋病を発症することが多く、できれば避けたいところです。(女性側が喉に感染している状況で男性のペニスをフェラすると30%の確率で感染します

 

 

 

 

梅毒について

梅毒は世界的にも古くから知られている性感染症の1つで、あらゆる性行為から感染するといわれています。

 

 

梅毒による病変部分があるとキスだけでも感染してしまうので、不審な箇所にふれるのは避けたいところ。

 

 

梅毒の症状には4段階あるといわれ、詳しい症状は次のようなものがあります。

 

 

ペニス,性病第1期(感染〜3ヶ月)

 

性行為などで病原菌が侵入した皮膚や粘膜部分に、小さなしこりが出来ます。これらのしこりに痛みやかゆみはなく、放置すると自然に消えてしまうのがほとんど。だからここで梅毒に気付けるのは稀です(貴方のペニスのブツブツはこれかも?

 

 

ペニス,性病第2期(3ヶ月〜3年)

 

しこりなどとは別に顔や手足にややピンク色のあざ(梅毒性バラ疹)ができたり、豆粒程度のぶつぶつが出来たりする。これらの症状は3ヶ月から3年続き、自然に消えた後、無症状がしばらく続きます。

 

 

ペニス,性病第3期(3年〜10年)

 

血液により全身に運ばれた病原菌により、全身にも変化が出てくる。感染初期のしこりより悪性の強いゴム腫(弾力のあるしこり)ができ、しこりの部分が赤黒く跡が残るようになる。

 

 

ペニス,性病第4期(10年〜)

 

梅毒の末期といわれる期間で、心臓、血管、神経なども冒されるようになります。治療方法が確立されていなかった時代は、この段階で命を落としたそうです。

 

 

現在はペニシリン薬の内服による治療が一般的で、その方法が確立されてから末期まで梅毒が進行することはほぼなくなりました。とはいえ命に関わる病気ですから、身に覚えがある場合は一度診察を受けましょう。

膣トリコモナス症

膣トリコモナスというのは寄生虫です。目では確認できない大きさの原虫が、性器内に入り炎症を起こす病気です。

 

 

男性がなった場合は尿道に炎症を起こす程度ですが、実際は排尿と一緒にトリコモナスが流れていくので、男性の感染率は極めて低いです。

 

 

問題としては、パートナーが感染している場合男性も感染している場合が7割を超えます。それは性行為以外でも、下着、タオル、便器、浴槽での感染もありえるので、子供にも感染する可能性がありますよ。

 

 

原因であるトリコモナスを完全に死滅させないと何度でも発症してしまうので、まずは検査をおすすめします。

性器カンジダ症

カンジダはもともと性器周辺に常在している菌で、とくに女性が発症しやすいことで有名ですね。

 

 

体調不良やストレスなどにより免疫力が低下したり、不衛生な状態が続くと菌が異常に増殖し、様々な症状を起こします。

 

 

カンジダ症の症状は次のようなものがあり

 

  • ペニス全体にかゆみやただれが起きる
  • 赤い発疹が出る
  • 白いかすが出る

 

などが起き、まれに尿道炎も起こすこともあります。

 

 

とはいえ、男性の場合女性と違って股間は通気性がよく、清潔にしていればカンジダ症を発症することはほとんどありません。

 

 

しかし、包茎の男性は菌を繁殖しやすい環境にあるため、カンジダ菌をつけると上記のような症状を発症しやすくなります。包茎の方がカンジダを繰り返し発症する場合などは包茎の治療を視野に入れることも必要です。

性器ヘルペス症

性器ヘルペスは、あらゆる性行為で感染する恐れのある感染症で、男女共に発症する病気です。

 

 

発症すると、ペニス全体や、太ももやお尻、肛門周辺などにかゆみを伴う赤い発疹や水ぶくれが出来ます。それが潰れると強い痛みと発熱を起こすことがあり太ももやリンパに腫れと痛みが生じることもある。

 

 

特に女性のほうが症状が悪化しやすいとされ、初めて感染したときはおしっこも出来ないくらいの激痛を感じるそうです。男性が移したら恨まれますね・・・

 

 

性器ヘルペスの治療方法は、飲み薬や塗り薬でウィルスの増殖を抑える方法がとられています。ドラッグストアなどで市販されている薬はなく、病院での治療が基本となりますよ。

 

 

また、一通り治療が終わった後でも再発しやすいのが特徴で、1年以内に8割の人が再発するといわれています。原因はヘルペスウィルスに感染すると一生の間体内に潜伏するようになることにあります。

 

 

薬はウィルスが悪さをしないように抑える効果しかないので、その後体調を崩したり、ストレスや生活習慣からまた再発するといったことがよく起きます。

 

 

口唇ヘルペスも同じ理由で再発するといわれています。

尖圭コンジローマについて

ペニス,性病

尖圭コンジローマとは、性行為で原因のウィルスに感染することで発症する性感染症です。感染確率は高めで、現在男女合わせて4万人の患者がいるといわれています。

 

 

感染すると男女とも性器周辺や肛門付近に、ブロッコリーの表面みたいなイボイボの集合体ができます。このイボは痛みを感じないことが多いので、喉や肛門内に出来ると発見が遅れることも。

 

 

イボはだんだんと膨らみ、ゴーヤの表面みたいほどのイボに成長します。

 

 

治療方法は手術と塗り薬の2種類があります。手術の方法には以下の方法が。

 

  • 凍結療法:液体窒素で凍らせて取り除く
  • 電気焼灼:電気メスで焼く
  • 炭酸ガスレーザー蒸散:レーザー光線で取り除く
  • 外科的切除:専用の器具で切除

 

 

現在はイボを取り除くことでしか治療できない病気ですが、手術でも全てのウィルスを取り除くことが難しく、3ヶ月に25%が再発するといわれています。

 

 

治療期間は、手術自体は日帰りで済む場合がほとんどですが、再発で手術のやり直しの場合や、塗り薬で長期の治療に勤しむ場合には半年から1年以上の時間を使うこともザラです。

 

 

しかし、治療せずに放置するとどんどんゴーヤ化が進み見た目にも嫌われるだけでなく、悪性のウィルスだった場合(多くは良性)男性は陰茎ガンを、女性は子宮頸ガンを引き起こすことがあります。イボが大きくなるとそれだけ治療にも時間がかかり、傷も残るので、心当たりがあれば早めに対処しましょう。

 

 

色々ありますが、全ての方法に対応している病院もあればレーザーだけ等の病院もありますので、詳しくは男性なら病院の泌尿器科や性病科、女性は婦人科(見えないところに気をつけるため)に相談してみましょう。


ケジラミ症

ケジラミは、我々の毛に寄生するシラミという虫の名前で、肉眼でギリギリ確認できる大きさで見た目はダニとかノミとか。カニとかエビとかいう話もあります。

 

 

陰毛の根本に寄生して、血を吸って卵を産み付けます。死ぬまでに40個程の黒い卵を産み付けて、糞もします。白いパンツに赤黒いシミが出来ますが、それはシラミの死骸や糞です。対処しないと永遠と増えていきます。想像しただけでかゆいですね。

 

 

そう、症状はずばり「かゆみ」です。それも夜寝られないほどの。そんなかゆみが出先で始まったら耐えられませんよね。

 

 

感染は性行為の際の陰毛の接触もそうですが、毛布やタオルを介して感染することもありますから、思わぬところでもらうこともあります。

 

 

ケジラミを治療するには、奴らのいる箇所を全部剃るのが一番簡単で有効です。パイパン男子ですね。

 

 

ただ、少しでも伸びているとそこに棲みつく場合があるので完璧ではありません。その場合は薬局で手に入るスミスリンパウダーやシャンプーといった商品を2週間ほど使うと大体解決します。

 

 

感染者が周りに簡単に移してしまう種類の性病なので、気付いたら速やかに対処しましょう。

性病は自分だけの責任じゃない

ペニス,性病

性病はもらうこともあれば渡すこともあり、自分ひとりの問題ではありません。

 

 

もしも風俗で性病をもらったら「くぅぉそぉぉぉアァの女めぇぇぇぁぁ」となるでしょう?同時にパートナーに移してしまったときの申し訳なさ、自責の念に駆られる気持ちというのは悔やんでも悔やみきれないほど。それが流産や不妊の原因になれば一層辛いでしょう。どちらがという問題ではなく。

 

 

今日は8個の性病について紹介しましたが、それ以外にもあまり知られていない性病や、エイズもあります。

 

 

「もしかして?」くらいの心当たりがあるなら病院へいかれることをおすすめしますが、そうはいっても時間がないし、確信がないからもし違ったら恥ずかしい・・・そんな人にぜひ利用してもらいたいのが自宅で簡単に性病検査を受けられる郵送キット。

 

 

淋菌・クラミジア・トリコモナスについては尿だけで検査可能で、HIVや梅毒などの検査には指先に刺すタイプの注射で血液検査します。

 

病院で調べるとなると、ペニスの先に細い綿棒のようなものを突っ込んでグリグリして体液を無理やり採取するので、そういう意味ではハードルが下がります。

 

 

私が信頼している「GME医学検査研究所」は検査結果を郵送・電話・パソコンから選べるので、検査完了を知らせるメール(最短翌日)が届き次第、インターネットの専用サイトからすぐに結果を閲覧することが出来るのがメリットです。

 

 

ここで全ての説明をするわけにもいかないので、性病に心当たりのある方は下のリンクから自分で検査をしてみましょう。

 

【GME医学検査研究所】

 

 

ペニス,性病

 

ペニス,性病


このエントリーをはてなブックマークに追加