トップへ戻る

エイズの症状と基礎知識【恋人がSEXの後にカミングアウト】

エイズの症状と基礎知識【恋人がSEXの後にカミングアウト】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

エイズ,症状

カミングアウトは突然にやってきますよね。

 

 

「ねぇ、妊娠したかも・・・」なんていわれれば、男としての器が測られるときですが、

 

 

「実は私、HIVキャリアがあるの」なんていわれれば、未来に描いていた輝かしいアレコレが一瞬で色を失うような気持ちになります。

 

 

HIVかぁ、エイズかぁと思ったのなら、あなたは少し誤解しているかもしれない。今日はHIVとエイズについて基本的な症状や基礎知識について解説していきます。

 

[PR]増大に役立つサプリランキング

エイズ,症状


HIVとエイズについて誤解していること

「エイズは危険な病気で、患えばおそらく命に関わる病気だ」そう考えている人は多いでしょう。それはおおむね正しいです。

 

 

しかし、HIVキャリアとエイズを混同してしまっている人や、エイズ=絶対死ぬ、エイズ=HIV? 情報が昔のまま止まっていることも多いのではありませんか?

 

 

HIVキャリアとはHIVウィルスに感染していて、まだ症状が何もない人のことを言います。

 

 

エイズとは、HIVウィルスに感染することで免疫力が弱くなった人が、エイズ発症の基準となる23の合併症(エイズ指標疾患)になった状態を言います。※具体的な疾患については厚生労働省のHPのこちらで確認できます。

 

HIVに感染すると、ウィルスを体内から完全に取り除くことは出来ませんが、エイズの発症を抑えることが出来るくらい医療は進歩しています。

 

 

そのためHIV感染初期から適切に処置されていれば、生涯エイズの発症無しで生活することも可能なくらい医療が進歩しているのです。

 

 

日本では1987年くらいからエイズというものが知られるようになって、それから小説やテレビドラマのテーマになったりして知名度も上がりました。まだまだ新しい部類の病気なので、誤解されている部分があっても仕方ありませんね。

感染経路と予防法

エイズ,症状

HIVウィルスは感染力が弱いため、感染ルートはごく限定的になります。なので、握手やジュースの飲みまわし、お風呂などの日常生活では非常に移りにくく、主な感染ルートは以下の3つです。

 

 

1.性的接触による感染
 HIV感染者の精液や膣分泌液などが、相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通って感染する、要するにセックス(一番多い原因)

 

 

2.血液を介しての感染
 血液に含まれているHIVが傷口を通して感染するケース。注射針の使いまわしなどが原因。

 

 

3.母子感染
 母親がHIV感染者の場合、妊娠中・出産時・母乳によって赤ちゃんに感染する。

 

 

感染経路が分かれば予防法も導かれますが、大前提としてこれをすれば100%必ず予防できる方法はありません。しかし、HIV感染のリスクは確実に減らせます。

 

 

1のセックスについてはコンドームが一番有効で、ほぼこれで回避できる。ゴム無しだとペニスの亀頭と女性の膣内がこすれることで目に見えない傷ができ、そこが感染経路になったりしますがコンドームをかぶせればその心配も減ります。

 

 

2の血液を介してというのは、正直あまり出くわさない状況ですよね。輸血の血液の管理のレベルも上がっていますし、注射針の使いまわしも止しましょう。他人の血液には生身で触れないことが大切です。

 

 

3の母子感染の場合、母体がHIVに感染していればそれだけで子供にも感染していることがあります。しかし受精は相手への感染を考えたら人工授精や体外授精になりますし、帝王切開が推奨され、子供が生まれてからは母乳ではなく粉ミルクを使うなど、HIV感染者の妊娠、出産は健康な場合よりもっとハードルが上がります。

 

 

HIVや性感染症はセックスから始まるといっても過言ではないほどその割合を占めますので、男性も女性も安全なセックスの理解を念頭に置くことで、より良い性生活に近づきますよ。


感染・発症したら治せるのか?

繰り返しですが、一度感染した体内のHIVウィルスを完全に取り除くことは出来ません。

 

 

ただし、治療薬の進歩で体内のHIVウィルスの増殖を抑え、健康な免疫力を維持することが出来るようになっています。

 

 

なので、HIVに感染し、仮にエイズを発症しても投薬等の適切な治療を続けることによって、ただちに死につながる重篤な症状を起こすことは考えにくくなりました。

 

 

現在HIV感染によるエイズは、一時の「不治の病」というイメージとは違い、コントロール可能な病気として前向きに治療していくことが可能となっているのです。

HIV検査を受ける方法

HIV検査は、保健所では匿名・無料で、病院や専門のクリニックでは有料で受けられます。

 

 

保健所+○○(お住まいの地域)で探してみましょう。

 

 

事前に電話やネットで予約をしておくとスムーズで、検査は血液採取を行い、早ければ1時間後には結果が出ます。不安に感じていることがあれば相談も出来るので、まずは検査を受けてみましょう。

 

エイズ,症状

HIV検査は、感染後に産生される抗体が血液中にあるかどうかを調べる「抗体検査」が一般的です。しかし、血液中で抗体が検出されるのは、HIV感染後から通常6〜8週間を要するため、感染が疑われる時期から3か月以上経ってからHIV検査を受けてください。

エイズの症状まとめ

性病といえばエイズというくらいその名は知れ渡っていますが、意外と知らない側面も多かったりします。

 

 

巷では、生でセックスの後に、実はHIVキャリアもちであることをカミングアウトされて困り果てるという悩みがあるみたいです。男性も女性も。

 

 

だから決して貴方だけではないということ。今日この記事を読んでいる貴方が最近HIVキャリアの人とセックスをしてしまってどうしていいかわからないという場合には、3ヵ月後にHIV検査を受けましょう。

 

 

私は基本ゴム派ですが、生ですることも年に何回かあります。そのあとは決まって【GME医学検査研究所】の検査キットで、性病検査をしています。もちろん有料ですが、HIV以外にも代表的な性病の検査もまとめて出来て、検査結果はネットで最短2日で確認できるから、いつも重宝しています。【GME医学検査研究所】

 

 

 

エイズ,症状

 

エイズ,症状

 

このエントリーをはてなブックマークに追加