トップへ戻る

知らないでは済まされないペニス長径手術の方法とリスク

知らないでは済まされない長径手術の方法とリスクについて

このエントリーをはてなブックマークに追加 

長径手術,リスク

お隣韓国では女性の美容整形は市民権を得ていて、化粧と同じ感覚で整形がされているそうですね。日本もそこまでではないですが、機会とお金があればプチ整形でもやってみたいと言うのが本音かなと思います。

 

 

長径手術とは、ペニスの増大手術のことで一種の整形手術です。女性の豊胸手術にあたるものかと。

 

 

ペニスの大きさにコンプレックスを感じている人が一度は考えたことがあるでしょう長径手術について調べてみました。

 

 

ほぼ確実に増大できる代わりに背負うリスクも重たい・・・

 

[PR]増大に役立つサプリランキング

長径手術,リスク


長径手術の方法と効果

長径手術にはいくつか方法があります。代表的なものをまとめました。

 

 

埋没陰茎長茎手術

この手術は、ペニスを支えている靭帯を手前に引き出すことにより長くする手術です。

 

 

要するに下腹部の奥に埋もれていたペニスを引き出す手術なので、見た目が2〜5cmほど長くなります。

 

 

下っ腹が出てきてペニスが小さくなったように感じる人にも有効で、効果は永久的に保たれます。

 

 

ですが、これは平常時の話なんですよ。埋もれているペニスを引き伸ばすだけなので、勃起のサイズに関係する海綿体が大きくなるわけではありません。

 

 

なのであくまで、平常時の大きさにこだわる場合に検討するのがいい方法です。

 

 

下腹部脂肪吸引長茎

ペニスが小さく見える原因のひとつとして、下腹部の脂肪があります。埋もれてしまうんですね。

 

 

ぽっこりお腹になったことのある人はご存知でしょうが、自分で自分のペニスを見ることが出来ないんですよ。それだけお腹の脂肪はペニスの大きさに関わってきます。

 

 

脂肪吸引はダイエットの手段としても使われていますから、痩せて、ペニスも大きくなると人気の高い長径手術です。

 

 

しかし、これも埋没陰茎長径手術とおなじで、根本的にペニスの増大がなされるわけではありません。埋もれて見える原因の脂肪を取り除くことでペニスを大きく見せる方法です。

 

 

しかも、生活習慣を改善しないと元の体型に戻るリスクもあります。

 

 

注入による長茎手術

 

上記の方法が見た目を大きくする方法に対し、注入手術なので確実にサイズアップする方法です。

 

 

方法は単純で、ペニスに直接ヒアルロン酸や、自身の脂肪、リパスといった成分を注射で注入することで増大します。

 

 

また、注入する場所によって亀頭を大きくしたり、サオを大きくしたりすることも出来るので、より理想のペニスに近づけるのです。

 

 

長径手術後の後遺症について

これらの手術自体は僅かな時間で終わりますが、その後の生活に支障が出る場合があります。

 

 

勃起が下向きに?

 

長径手術では、埋もれたペニスを引き出すために靭帯の一部を切ったり、引き伸ばして糸で固定したりします。

 

 

しかしそうすると、靭帯はペニスを支える役目もありますから、靭帯が切れることで支えられなくなり、勃起時に下を向いてしまう可能性があります。

 

 

この辺は医者の技術にゆだねられますし、再手術にしても費用がかかるので、慎重に考えないといけません。

 

 

手術の完治までセックスはお預け

長径手術を行うと、麻酔が切れてから痛みと腫れが出てきます。痛み止めは処方されますが、痛みの度合いは個人差があるためなんともいえませんね。ちょうど親知らずの抜歯みたいなものでしょうか。人によってはかなりのトラウマになりますよね。

 

 

入浴もオナニーも、もちろんセックスも医者のGOが出るまではすることができず、もし注意事項を守らないと再手術を要する場合も出てくるので注意が必要です。

 

 

具体的には短くても1ヶ月は手術の傷が開かないように落ち着いた生活をしていないといけない場合が多いです。

 

 

手術痕が残る

正直これが一番怖いです。実際に勇気を出してネットにその写真を載せている人の写真を見ると、メスで切り開いた痕が赤黒くはっきりと残っており、申し訳ないけどグロいです。

 

 

クリニックのHPではキレイな写真が用意されていますが、一部では傷が残ってしまう場合もあり、その結果は手術するまで分からないのです。

 

 

傷や後遺症が残ってしまっては、そもそも何のために増大を目指したのか、そこまでのリスクを背負う前にやれることはなかったのか、考えさせられてしまいますね。

長径手術のまとめ

ざっくりと長径手術について解説してきましたが、一番大事なことをお伝えします、

 

 

それは、手術じゃ勃起後の大きさまで増大できないということです。

 

 

これ、すごい見落としがちなんですけど、手術で大きくみせるのは全て平常時の話です。埋もれているペニスを引き出すとか、脂肪を吸引してとかって根本的な解決とちょっと遠いです。

 

 

「温泉で他の男性の視線が気になる」とかならそれでいいんでしょうが、私が考えるペニスのコンプレックスって女性に対するものなんですよ。

 

 

だから女性に小さいと思われる、女性にグロいと思われる、こうなったらもう終わりです。そんなリスクを背負って何十万の費用を使ってまでやる手術のメリットは無いです。0です。永遠のゼロ。

 

 

根本的なペニスの増大には海綿体の成長が必要ですから、体の中から変えていく方法が必要です。具体的な方法はコチラの記事で紹介しています。

 

長径手術,リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加