新事実!射精が男性ホルモンを促進する!?

新事実!射精が男性ホルモンを促進する!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

射精,男性ホルモン

昔からオナニーのしすぎは薄毛になるとか頭が悪くなるなんていわれていますよね?

 

 

しかし実際は、射精することが身体にどんな影響を及ぼすかについての研究はいままでほとんどされていないのです。

 

 

だから射精にまつわる健康ネタというのは、ほとんどが根拠の無い都市伝説のような存在でした。

 

 

でも、最近の研究でおもしろい結果が出たんです。

 

 

それは、日本性機能学会の研究で射精と男性ホルモンの関係に関する研究です。

 

 

この研究は、射精の前後での男性ホルモンの増減などを調べたもので、勃起前・勃起後・射精直前・射精の瞬間・射精5分後のそれぞれの瞬間の男性ホルモンの移り変わりを調べた結果、あることが分かったというもの。

 

 

男性ホルモンの増加はペニスのサイズアップにも重要な要素ですから、射精と男性ホルモンの関係は気になるところ。

 

 

そこで、実は身体にいい射精の秘密について紹介していきます。


射精すると男性ホルモンが増加する

射精が男性ホルモンに関わっているという説はいくつかありますが、それを裏付ける研究というのは今までありませんでした。

 

 

今回の研究は、勃起前・勃起後・射精直前・射精の瞬間・射精5分後のそれぞれの瞬間の男性ホルモン(テストステロン)の値を調べるという研究でした。

 

 

この研究では、勃起前から射精に向かってテストステロン値が上昇し、射精の瞬間にテストステロンがピークに達し、その後は徐々に下降していくということが分かりました。

 

 

図にも示されているように、射精の前後で男性ホルモンの値が変動することが分かりますよね?つまり射精することはそのまま男性ホルモンを増加させるということなんです。

 

 

しかも、射精の方法がオナニーかセックスかは問いません。

 

 

これは射精をする前後の男性ホルモンの変化を示す、数少ない研究のひとつです。

男性ホルモンは健康にいい

男性ホルモンはその名の通り、男性らしい身体と心を作る重要なホルモンです。

 

 

太い骨格や逞しい筋肉はもちろん、ペニスの発育や性欲の強さを高める作用があります。

 

 

また、精神的な活力ややる気の原動力となるドーパミンの生成、血管の健康を保つ一酸化窒素を産生する働きもあります。

 

 

それ以外にもテストステロンと身体の関係は多岐にわたり、これが減少してしまうと精力の低下やEDなどの性の悩みから、疲れが取れなかったり血管の病気のリスクが高まったりします。

 

 

つまり働きは様々ですが男性ホルモンは健康に影響するということです。

 

 

男性ホルモンが多いほうが健康に良いということは、射精自体が健康に良いという可能性が示されていますよね。

 

 

ただし、射精がなぜ男性ホルモンに影響するのかまではまだわかっていませんが、事実として射精が男性ホルモンを促進することは今回の研究で明らかになったんです。

射精と男性ホルモンのまとめ

性の知識には迷信じみたものも多数ありますが、今回の研究で射精が男性ホルモンを促進する=射精が健康にいいという結果が出たことは大変興味深いですよね。

 

 

男性ホルモンがペニスのサイズに関係しているのはコチラの記事でも解説していますのでまだの人は読んでみてください。

 

 

男性ホルモンの分泌は年齢と共に下がってしまい、性機能の低下やEDの原因となってしまいます。

 

 

30代40代で性機能の落ち込みを感じるなんて、結構ヤバイですからね?

 

 

性の健康のためにも、1日1射精がんばってみると良いかもしれませんよ!

 

 

コチラの記事もおすすめ
マカエンペラーの効果効能を検証
AV男優から学ぶ巨根の作り方
中折れの原因と解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加