トップへ戻る

太るとペニスが小さくなる?肥満とペニスサイズの関係

太るとペニスが小さくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加 

肥満体型,ペニス

「鼻がでかいとあそこもデカイ」
「手が大きい人はあそこもデカイ」
「唇が厚い人はあそこがデカイ」

 

 

そんな風に嘘かホントか分からないけど、外見からペニスのサイズを憶測する説があります。

 

 

その中のひとつに「肥満体型はペニスが小さい」というもの。太っている人ってペニスが小さい率高いと思いません?

 

 

実はこれは単なる都市伝説ではなく、ちゃんと根拠がある説なんです。

 

 

しかも調べていくうちに分かったことですが、太りすぎるとペニスが小さくなるだけでなく、勃起もしなくなるかもしれないということ。

 

 

年齢と共にメタボになる男性は多く、40代の2人に1人はメタボかその予備軍とも言われています。

 

 

だから皆さんも決して他人事ではありませんよ。今日は肥満とペニスの関係について調査しました。

 

[PR]増大に役立つサプリランキング

肥満体型,ペニス


太るとペニスが小さいは本当だった・・・

まず確認しておきたい事実があります。それは太るとペニスは小さくなってしまうということ。

 

 

ポッコリお腹が気になる方にはショックな内容なんですが、原因は脂肪に埋もれてしまうことです。詳細については下記にて解説していますが、なんとなく想像はつきますよね。

 

 

ここではっきり言葉を選んでおきましょう。

 

 

実は、「太っている人はペニスが小さい」は嘘で、「太るとペニスが小さくなる」が正解なんです。

 

 

この二つは似ているようで全く別もの。前者は太っていてもペニスが大きかったり、痩せていても小さかったりと人それぞれです。後者はどんな体型であれ太れば太るほどペニスも小さくなるということ。

 

 

なぜ、太るほどにペニスのサイズが小さくなってしまうんでしょう?

肥満体型のペニスが小さくなる理由

なぜ、太るとペニスが小さくなってしまうかというと、ペニスは外に露出している部分と内側に埋もれている部分の二つがあり、お腹の脂肪が前に出ることでさらに埋もれてしまうからなんです。

 

 

割と単純なことですよね。

 

 

ペニスの構造上痩せている人でも2cm〜5cmは埋もれて隠れているといわれていて、太ってしまうとさらに隠れる部分が多くなるんです。

 

つまり、ペニスの露出部分が少なくなるために、ペニスが小さく見えるということなんです。

 

 

ふ〜ん。そんなことかぁと思ったあなた。実はこれって結構深刻で、人によっては亀頭だけが露出しているミクロペニスのような状態になるくらいペニスが小さくなることもあるんですよ。

 

 

「お願いっ、先っちょだけだから!」ってほんとに先しかないじゃんってこともありえますよ。

 

 

ちなみに、埋もれているペニスを引き出しペニスを長くする手術や、脂肪吸引によって長くする手術も存在します。詳細は知らないでは済まされないペニス長径手術の方法とリスクにて解説しています。

 

 

ペニスの退化

 

 

また、太ってしまった人のペニスが小さい理由として、血流不良によるペニスの退化が考えられます。

 

 

ペニスのサイズを維持・成長させるためには朝勃ちを含む毎日の勃起の繰り返しが重要。

 

 

ですが、年齢を重ねて健康状態が変わったり、メタボが進んでしまうと血流が悪くなり勃起もしなくなってしまいます。

 

 

血流が悪くなると成長ホルモンやサプリの栄養素などが巡らなくなり、ペニスの退化につながってしまうんです。

 

 

慢性的な血流障害が続くと、最悪勃起障害(ED)の原因にもなり、バイアグラなどの薬が手離せない生活にもなってしまうからサイズダウンも不可避です。

 

 

血流不良は末端から進行していきますから、ペニスは最も影響を受けやすいんですよ。

肥満の短小解決策

肥満が進むとペニスが埋もれて小さくなったり、血流不良により体内からも退化が進んでしまうということでした。

 

 

そうならないためには普段から何をすればよいのか?またポッコリお腹で自分のペニスが小さくなったと感じている人がこれから何をすればよいのか?予防と解決策をご紹介します。

 

 

肥満がペニスを小さくする場合

 

この場合2つの解決策があります。

 

 

まず1つは、ダイエットです。痩せましょう。太った分痩せればペニスは元に戻ります。

 

 

健康的に痩せれば勃起力も上がって男の自信も手に入ります。・・・できるものならみんなそうしてますよね。

 

 

ここで私のオススメ体型維持方法をお教えしますね。

 

 

それは「スクワット」です。特に時間や回数を決めてやっていませんが、一日に何回か分けながら50回くらいを続けています。

 

 

そのおかげか、特に食べるものに気をつけていない生活ですが、年齢相応の体重と体型を維持できています。

 

 

スクワットは下半身では?と思いますよね。やってみるとわかるんですが結構お腹にもくるんですよ。さすがキングオブ筋トレといわれるだけあります。

 

 

もう1つの方法は手術です。

 

 

長径手術といって、露出しているペニスが少ない場合に、本来埋もれているペニスの根本部分を外科手術で引き出す手術です。

 

 

ポッコリお腹でも確実にサイズアップできるのが魅力ですが、大きく見えるのは平常時だけで勃起時のサイズはあまり変わらないというのがデメリットですね。

 

 

これは個人的な感想ですが、手術は少なからずリスクと費用を伴う上に、生活習慣が改善されなければ肥満からも抜け出せないので、方法としてはオススメできません。

 

 

ペニスの退化に対しての解決策

 

肥満が進んで血流不良になった場合は、当然痩せて体型を戻すことが先決です。

 

 

と同時に、血流不良の原因である体内からも変えていく必要があります。体内の血液のめぐりを活性化し、ペニスを内側から広げていくのです。

 

 

そのために私が利用しているのはサプリメントです。つまり栄養を整えたいわけなんですが、普段の食事だけでは難しいんですよね。

 

 

ましてや男性機能にいい栄養の亜鉛やシトルリンって、普段の食事だけでは絶対に不足してしまうし、摂取しづらい。

 

 

だから、血液のめぐりや男性機能に良い成分を凝縮したサプリメントというのが非常に役に立つんです。

 

 

AV男優もサプリで精力増強・サイズ維持をしているといいますから、これは筋トレと同等の重要さを秘めています。

肥満とペニスの大きさまとめ

女性から嫌われない・好かれ続けるには太らないというのが鉄則ですよね。

 

 

肥満になってもペニスは小さくなって勃起もできなくて、男性的にいいことってあまりありませんし。

 

 

筋トレ・ダイエット・サプリメントで生活習慣を変えていくのがオススメです。

 

 

オススメのサプリメントにつきましてはマカエンペラーの効果・効能を検証【ペニスサイズUP】にて紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。確かにペニスのサイズアップを実感しています。

 

 

この記事を見た人にお勧めの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加