トップへ戻る

勃起させないとペニスが小さくなる?ペニスが小さくなるほんとの原因!

勃起させないとペニスが小さくなる?ペニスが小さくなるほんとの原因!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペニス,勃起,小さくなる

私のこのホームページにはペニスをサイズアップさせる情報をたくさん盛り込んでいるんですが、なぜか「勃起させないとペニスが小さくなる」というキーワードで来られる方がいらっしゃいました。

 

 

ペニスを小さくする方法について書いたことは無いんですけどね(笑)

 

 

勃起しないことがただちにペニスを小さくするということはないんですが、性的刺激を受けて勃起することがペニスのサイズアップにつながることはあります。

 

 

なぜなら性的刺激により勃起するということは、テストステロンがペニスに向かって集中するということでもあるから。

 

 

きょうはそこについて書いていきます。

 

[PR]増大に役立つサプリランキング

ペニス,勃起,小さくなる

 

 


気付かないうちに勃起していることはあります

「最近元気が無いからか、全然勃起していないなぁ〜」

 

 

「あっちのほうはご無沙汰だ」

 

 

そんな男性でも実は毎日勃起しているって知ってました?

 

 

男の朝のアレです。

 

 

そう、「朝勃ち」ですよね。

 

 

朝立ちとは、性的興奮や自分の意思とは関係なくペニスが勃起することです。若いときなんかはよく朝立ちしていましたよね。しばらく布団から出られないんですよ。

 

 

これはペニスの健康維持のために必要な現象で、寝ている間に勃起を繰り返すことで海綿体に新鮮な血液を送り込むために起きます。

 

 

そのおかげで血管や海綿体の柔軟性も向上して、ペニスの機能が維持されるのです。

 

 

そして大事なのは、これは若い男性だけの話ではないということです。歳をとっても夜間には必ず勃起しているんですよ。

 

 

夜間って言うと変な感じがするかもしれませんが、寝ている間の勃起はおよそ4〜8回程度繰り返されており、目が覚めたタイミングで勃起していたらそれが「朝立ち」ということなんです。

 

 

なので、冒頭の「勃起させないとペニスが小さくなる」というのはわりとありえない話で、睡眠時に無意識で勃起をしているから、意識的に「勃起をさせない」というのは不可能なんです。

 

 

だから大人のペニスサイズを大きくする方法はいくつかあれど、ペニスを小さくさせるというのはとても困難なんですよ。

ペニスが小さくなるのは加齢が原因

いくら朝立ちによってペニスの機能やサイズを維持しているとはいえ、それだけで一生サイズを維持し続けるということは難しい。

 

 

なぜなら僕たちはおよそ20歳を過ぎると体の成長がストップし始め、成長ホルモンの分泌もガクンと衰えてきてしまうから。

 

 

40代に入ると体の不調が顕著になってきますよね。

 

 

特に70過ぎのおじいさんなんか明らかに若いころより体が小さくなっていますよね。それは我々の経験から言っても間違いの無いことです。

 

 

若い体と年老いた体の大きな違いの1つがあります。それは新陳代謝の力です。

 

 

歳をとるとこの代謝力がどんどん衰えてしまいます。

 

 

骨も筋肉も髪の毛も、新陳代謝によって入れ替わる周期があるんですが、そこはいつまでも活発に入れ替わり続けることは難しい。

 

 

例えば、筋肉は動かさないと簡単に衰えますよね。怪我をして病院で1ヶ月も寝たきりになれば、歩くことも最初は難しく感じます。

 

 

栄養素が不足すれば骨ももろくなりますし、ハゲは若い人より圧倒的におじさんに多い。

 

 

これらは全て新陳代謝力が年齢と共に衰えてくるために、体のパーツの密度や強度、量が減ってしまうということなんです。

 

 

大事なのはペニスも例外ではないということ。

 

 

若いころ新陳代謝が活発で海綿体細胞が多くなったとしても、新陳代謝力が衰える年齢になるころにはペニスの質も量も衰えてしまうんです。

 

 

勃起させないとペニスが小さくなるまとめ

以上をまとめると、

 

 

  • 無意識に朝立ちしているおかげで、ペニスのサイズと機能が最低限保たれている
  • そのおかげで、「勃起しないとペニスが小さくなる」という心配は気にし過ぎなくてよい
  • しかし、20歳を超えると新陳代謝力が衰えてくるため、加齢によるペニスの衰えには注意しないといけない

 

 

ちなみに、新陳代謝力を衰えさせないためにやるべきことは、適度な運動とバランスの取れた食事、十分な休息を摂ることなど規則正しい生活が必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加