トップへ戻る

バック初心者必読!挿入できない原因と腰振りのコツ

バック初心者必読!挿入できない原因と腰振りのコツ

突然ですが、あなたはバックの体位で挿入するときスムーズに入らなくて中折れしたことはありませんか?

 

 

多くの男性は同じような経験をして、バックスタイルセックスに苦手意識を持っていると思います。実は管理人もその一人でした。

 

 

立ちバックでパンパンするというのが夢だったんですが、イメージ通りに挿入できず、どんどんペニスが萎えてくる・・・

 

 

そうです。バックはコツを掴まないと挿入が激ムズな体位なんです。

 

 

そこからバック挿入の方法を独自に調査したところ、我々がバックでうまく挿入できない原因を発見!原因に対処すれば意外とバックは簡単に楽しめることがわかりました。

 

 

そこで今日は激しいバックも可能にする挿入のコツを2つのポイントに分けて解説します!

 

 

これを読めば今までバックに苦手意識を持っていた人も、代表的な4種類のバックスタイルを一気に会得できるくらい詳細に解説しますので、最後まで読んで見て下さい!


バックの挿入が失敗する原因

男性がうまくバックで挿入できない原因は大きく分けて次の2つでしょう。

 

  1. 膣穴の位置がわからない
  2. ペニスの硬さが十分じゃない

特に膣穴の位置は慣れるまでスムーズに把握して挿入することは難しいです。これは男性が肛門1つしかないのに比べて、女性は尿道口・膣口・肛門の3つの穴があるためですね。

 

 

基本的なことですが、今一度女性の各「穴」の位置を把握しておきましょう。

 

 

膣穴は真ん中

女性のデリケートゾーンの穴の位置はお腹側から尿道口・膣口・肛門の順番に並んでいます。

 

 

だからバックで挿入するときは男性から見て一番上が肛門、その下が「膣口」の順番ととなります。

 

 

知っている人にとっては当たり前すぎる情報ですが、部屋が暗かったり初めてだったりすると、アナルに挿入しかねません。いきなりそんなことする男性は確実に女性に引かれます。

 

 

画像で説明できるのが一番良いのですが、このサイトにモザイク無しの性器画像は載せられないので、今夜彼女の実物か、皆さんご愛用の無修正AVやサイトを確認していただけると幸いです。

 

 

ちなみに尿道口は他の穴に比べて小さいため、間違えて挿入しそうになるということは無いと思います。気をつけるべきはアナルでしょう。

 

 

ペニスはお硬いうちに挿入しよう

フニャチンであることもバックで挿入ができない原因の1つです。

 

 

これはバックスタイルに限らず全ての体位で言えることですが、半勃起くらいの硬さだとスムーズな挿入が難しいです。特に最初の挿入時は膣口が開いていないので、押し開くためにある程度硬さが必要。

 

 

正常位⇒バックと体位変換するタイミングなら既に膣口が自分のペニスサイズに開いているので、仮に変換の際に半勃起に落ちてしまったとしても、バックで入れるときには入れやすい。

 

 

とはいえ、通常精力に異常が無ければ体位を変えるくらいのことで勃起の硬さは落ちません。

バックの挿入が失敗する場合の対処法

原因がわかれば対処するだけ!バックの挿入が簡単にできるためのコツは以下の3つにまとめられます。

 

  1. 手マンで膣口の位置を確認する
  2. ペニスのフル勃起を維持する
  3. 挿入しやすい角度に腰を上げてもらう

 

手マンで膣口の位置を確認する

原因のところでも書きましたが、膣口の場所は慣れていないと間違えやすいですし、慣れていても暗いと間違えてしまうことがあります。

 

 

そのため、挿入前に指で膣口の位置を確認しておきましょう。その際には優しい手マンで愛液をしっかりと分泌させてあげて、膣口の入り口をほぐしておいてあげると、間違えずにスムーズに挿入できます。

 

 

よく濡れて、膣口が開いていると、バックでの挿入もスムーズですよ。

 

ペニスのフル勃起を維持する

フル勃起していると挿入しやすい理由は2つあります。まず1つは硬い方が断然入れやすい。そしてもう1つはペニスの長さ(リーチ)が出ることで入れやすいんです。

 

 

バックのときの目線って、アナルはよく見えるんですが膣口って死角になりやすいんですね。だから硬くてリーチが長いほうが、アナルの下側から滑らせるように膣口に挿入するときに断然有利なんですよ。

 

 

またバックの体勢だと女性はこちらにお尻を向けるだけなので、手コキなどはしてもらえません。そのため自分でペニスをしごいておくなどして、挿入までの間フル勃起を維持するようにしておきます。

 

 

しかし、バックに苦手意識がある場合や勃起の持続に自信がない人というのも多いはず。

 

 

そういう人はペニスの硬さを維持する5つの方法【これだけでサイズUP】を実践して硬さを取り戻してみては?

 

挿入しやすい角度に腰を上げてもらう

上記2つは男性側でできる対処法ですが、女性側の協力もあると格段に挿入が容易になります。

 

 

バックの場合は上から肛門・膣口とあるため、死角になる膣口に挿入しにくいのは既に解説済み。しかも膣口が上側(おなか側)付きの場合はさらに挿入が難しいため、女性に腰を上げてもらえるとかなり楽に挿入ができます。

 

 

バックに慣れている女性なら、「もう少し腰上げれる?」とか「もう少しお尻突き出して」と伝えると、こちらの意図を汲み取ってくれますが、向こうも恥ずかしがったり、穴の位置を確認できても挿入しづらい場合は、さりげなく「もう少し腰を上げて」と伝えましょう。

バックスタイル挿入の腰の振り方

首尾よく挿入が完了したらあとは腰を振るだけ。しかしバックは膣の奥まで届く体位のため、力加減によっては女性に苦痛を与えることもあります。どうせなら以下のように気持ちいいバックでパンパンしましょう。

 

  1. ペニスは突くよりも引く!
  2. ポルチオを意識して刺激する!

 

ペニスは突くよりも引く!

挿入時にいきなり奥まで突き入れると痛がられてしまいます。入れるときのポイントは最初はペニスの半分までを挿入して、浅い部分で細かくピストンする。馴染んできたころに全部を入れると気持ちいといわれますね。これは基本。

 

 

一味違う快感を与えるなら、腰ふりは「突く」よりも「引く」時にアクセントを置くようにピストンすると、女性の快感度が倍増します。突くときはゆっくり、引く時は素早くするのです。

 

 

こうすることで女性は奥に当たるときの痛みが最小限になり、亀頭のカリでこすれるときの刺激が強くなるので、快感度が増すといわれています。

 

 

実際管理人もこのピストンを試すようになってからは、確実に中イキの成功確率が上がっているのでマジで試して欲しい。

 

 

もちろん、女性が激しさを求めてきたりあまり痛がらない様子なら、ズンズン突いてパンパン言わせる腰ふりもアリですよ。

 

ポルチオを意識して刺激する!

バックは膣奥まで届く体位なので、ポルチオ性感帯への刺激も比較的簡単です。

 

 

刺激の仕方は2つあり、1つは亀頭を膣の一番奥まで挿入した状態で、腰を上下左右にゆっくり動かして刺激する方法。もう1つは亀頭を膣の一番奥まで挿入した状態で、亀頭を膨らませる方法です。

 

 

ポルチオはとても敏感な性感帯なので、前後に突くと痛みが生じます。ここも突くのではなくペニスで「撫でる」「こする」ように優しく刺激をすると、女性は感じやすいです。

 

 

また亀頭を膨らませるというのも難しいことではありません。勃起した状態でペニスに力を入れる(オシッコを我慢するときに入れるところ)と、亀頭がパンッと膨らみます。このときの圧力が心地よくポルチオを刺激します。

バックスタイル挿入の種類

ついでに基本のバック4種類も押さえておきましょう。

  1. 四つんばい(ドギースタイル)
  2. 立ちバック
  3. 寝バック
  4. 上体起こし

 

豆知識ですが四つんばいバックは英語でドギースタイル(doggy style)といいます。動画検索のときに外人のバック動画を見たいときは「doggy」などど検索すると出てきます。

 

四つんばい(ドギースタイル)

まずバックといえば女性に四つん這いになってもらい挿入するスタイルが基本中の基本。

 

 

お尻を高く突き上げてもらうことでアナルから膣口まで目視できるので、落ち着いて挿入できます。おさらいですがバックのときはアナルの1つ下が膣口ですよ。

 

 

男女共にバックスタイルに慣れるならまずはここから。正常位や騎乗位から四つん這いバックに体位変換できるようになれば、ひとまずはOKでしょう!

 

立ちバック

バックの中でも非日常間が出るのが立ちバック。名前の通り男女ともに立ったまま挿入する体位で、他のバックより激しく腰が振れます。

 

 

コツは女性の体を安定させること。例えば女性に壁に手を付いてもたれてもらう、テーブルに手をついてもらうなどが立ちバック初心者には安心・安全に挿入できます。

 

 

これができるようになるとセックスの舞台はベッドの上だけではなくなります。例えば一緒にお風呂に入ったまま浴槽のふちに手を付かせて挿入、洗面台の前で挿入、台所でセックスなどなど。場所を変えるだけでマンネリ打破!

 

 

結構バリエーションを付けやすい体位ですので、パートナーと練習してみるのもアリですね。

 

 

前提として腰の高さが同じ人同士じゃないとキツイので、身長差が無い者同士であれば積極的に試してみましょう!

 

寝バック

挿入難易度高めですが、男女共に快感が強いのが寝バック。寝ながらバック、つまり彼女がうつ伏せの状態で男性が覆いかぶさるようにして挿入する体位です。

 

 

立ちバックのように激しいピストンは難しいですが、奥まで入る分ポルチオをグリグリ刺激して中イキさせるのにうってつけです。

 

 

しかし寝バックは膣口が閉じ気味なので、挿入自体が難しいです。最初の体位には不向きかも。

 

 

四つん這いのバックで挿入したまま、そのままの状態で寝バックに移行するなどするとスムーズに楽しめますよ。

 

上体起こしバック

四つん這いの状態から女性の上半身を反らせた状態で挿入するのが上体起こしバックです。

 

 

イメージとしては女性の腕を掴んで引っ張り上半身を反らせる感じですね。

 

 

また四つん這いと立ちバックとどちらの場合も上体起こしバックができるので、好きな人には持って来い。

 

 

確かに女性を反らせてバックで突くという構図が「女性を責めている」というSMチックな雰囲気があり、それが快感というところが魅力です。

 

 

しかし、これは前や横から見たときに初めて視覚的に映える体位で、しかも女性は体勢が辛い事から、多用は難しいかと。

 

 

女の子の様子を見ながらアプローチするのが無難です。

バック初心者必読!挿入できない原因と腰振りのコツまとめ

バックはコツを掴まないと挿入することすら難しい体位ですが、次の3つのポイントを押さえておけばOK!

 

  1. 膣穴の位置を把握しておく
  2. ペニスをフル勃起させ充分に硬くする
  3. 挿入しやすい角度までお尻を上げてもらう

 

つまり今までバックでの挿入に手こずってしまったのは、挿入する穴の位置がわからなかったという点が大きなウェイトを占めていたといえます。

 

 

そして手こずっている間にどんどんペニスが萎えてしまい、さらに挿入が難しくなってしまったと考えられます。

 

 

だからバックでもスムーズに挿入できるように膣穴の位置を確認すること、そして常に勃起の硬さをキープできる精力を保つことで、バックスタイルはあなたの得意体位になりますよ。

 

 

もし勃起維持に自信がない場合は、AV男優も活力を保つために利用しているサプリメントを取り入れてみるのもアリですよ。

 

初めての人はランキング1位から!

ペニス増大サポートに役立つ人気記事セレクト!

関連ページ

早漏の原因に対策することで最高のセックスを提供する方法
ペニスのサイズが増大しても早漏だったら彼女もがっかり。ここはしっかり早漏の原因と対策を心得ておきましょう。今日からできる早漏対策で最高のセックスを楽しんでください。
久しぶりのセックスが心配な男性に送る3つの注意点
久しぶりのセックスには中折れや勃起の持続など心配なことが多い。そんな不安を抱えている男性へ増大のプロがアドバイス!
たったこれだけ!二人が気持ちよく濡れるセックステクニック
セックスの時に女性がやってほしいことは、超絶テクよりもメンタルを満たす優しいスキンシップ。 例えば手を繋ぐだけでかなり濡れるんです。 なぜ手を繋ぐことがセックステクなのか解説しています。
女の快感は男の性器の大きさに関係あるか?
女性を悦ばせることとペニスのサイズは果たして関係あるのか気になりませんか?今回は女性の生の意見を独自に調査。女性に与えるオーガズムの種類はペニスのサイズで変わってくるのか?
寝起きのセックスは性欲のピーク?ムラムラ朝エッチで男を上げろ
ムラムラ寝起きの朝セックスは心と体に最高の栄養を与えてくれます!寝る前はスタミナを使い果たしてセックスどころじゃありませんよね?だったら回復終わりの寝起きはどうですか?朝は心身ともにいいことがありますよ!
中折れしたときに女性が望む3つの本音
大人の男性なら必ず通る中折れの悩み。意識しすぎるあまり中折れの頻度が増えてしまい、女性の前で虚勢を張ってしまいがちですよね。しかしそんな時男女で考えていることに違いがあるって知ってました?中折れしたときに女性が望む本音について解説します。
男が女にセックスを断られる理由
女性にセックスを断られるとかなり落ち込む男性は多いと思いますが、そもそも何で断られたのか考えたことはありますか?実は女性は実に多岐に渡る理由でセックスを断ってくるんです。今日はそんな男が女にセックスを断られる理由について書いていきます。
セックスの前に女性から性的同意を確定させる3つの「イエス」
性的同意とってますか?「嫌よ嫌よから結果いい感じだったからOK」「一緒の部屋に泊まるからOK」「二人きりで食事をしたからOK」 これらは全部性的同意を取ったものとはいえず、これを理由にセックスをしようとするとレイプと同じ扱いになってしまう可能性があります。 では性的同意とは何か、どうすれば同意となるのか、今一度考えてみたいと思います。
セックスでオーガズムに導くピストンは突くより「こすって引く」
セックスで女性をオーガズムに導くために突くことが大切だと思っていませんか?実はそれ、勘違いかもしれませんよ。女性をよく観察していると、突いたときより引いた時のほうが反応が大きいんです。ピストンの新事実について紹介します。
セックス手順マニュアル!スタンダードな流れを確認する7つのポイント
他人のセックスの手順がどんなものかって気になりますよね?人に比べて自分が普通のセックスが出来ているのか気になるものです。 しかしなかなか身近な人たちがどんな行為をしているのかって調べにくいですよね。 そこで、世の中の女子が行っている普通のセックスについてインタビューした内容をまとめました。
短小でも奥まで入る対面座位がセックス最強体位の理由
対面座位は短小でも奥まで届く体位の隠れ定番!寝バック、騎乗位も定番ですが、女性ウケが一番いいのは対面座位でしょう。 しかも早漏防止、ペニスサイズも関係なし、開いた両手で何でもできる!短小でも奥まで届く対面座位の魅力を再発見する記事です。
セックスの最中に足がつるアラフォーが行きついたムードを壊さずに治す方法
セックスの最中に足をつってしまうのは地味ですがかなり緊急事態ですよね? 痛みに気を取られるあまり中折れしやすい上に、足をつったから中断してくれなんて恥ずかしくていいにくいです。 そこで、セックスの最中に足がつってしまってもムードを壊さずに足を治す方法をご紹介します。
セックスの最中に足がつるのが悩みなら覚えておきたい予防策
セックスの最中に足がつってしまうコトほど情けないことはありません。出来ればそんなことがないように予防したいですよね。 セックスの途中で足がつるというのは、男性にとっても女性にとってもストレスの大きい事象ですから、自分にあった予防策でぜひ予防して欲しいと思います。
女性が本気で感じるおっぱいの愛撫テク基本3選
おっぱいの愛撫に自信はありますか? ただわしづかみで揉んでいるだけと言うことはありませんか? 実はその揉み方、女性は不満に思っているかも。 おっぱいの扱いが下手な人はセックスが下手な人と女性に思われています。だから今こそ女性が本気で感じる愛撫のテクを確認しておきましょう
女性が本気で気持ちいいと感じるセックスの瞬間6選
女性と男性がセックス中に気持ちいいと感じるタイミングは違うって知ってました?男性は体で感じますが、女性は体と脳が性感帯だから違いがあるんです。 そこで女性が本気で気持ちいいと感じるセックスの瞬間を6つ厳選しました。 これを身に付けると女性はあなた以外の男性とセックスができなくなってしまいますよ。
女性が本気にで感じる太ももの愛撫セックステク
太ももを愛撫しようとするとくすぐったがって全然ムードが出ないっていうことありませんか? 確かに神経が集中しているから、性感帯として開発されていないとくすぐったいだけになってしまいます。 そこで今日は女性が本気にで感じる太ももの愛撫セックステクについて紹介します。
たった指1本で?嬢が仕事を忘れて感じる手マンのコツ
たった指1本の手マンで女性をイかせられるって知ってました?あるコツを押さえるだけで、SEXのプロも仕事を忘れて思わず本気になっちゃう手マンの方法を、現役嬢が教えてくれました!これを読めば風俗嬢から逆指名されるかも!?
一味違うセックス!正常位のバリエーションで新しい快感を感じる方法
正常位はセックスを行ううえで最もスタンダードな体位ですよね?ですがそのためいつも同じようなやり方でマンネリになってしまうことも。 ですが正常位には様々なバリエーションがあるのをご存知ですか?正常位に飽きたとは言わせないそのバリエーションについて紹介します。
女の性感帯を確実に刺激する3つの手順
女性の性感帯といわれる背中やクリトリスを刺激しているのに全然イカせられない男性。実は首筋や背中を愛撫するだけでは足りないんですよ。確実に性感帯を攻めてイカせるには3つの手順を守る必要があるんです。今日はそんな性感帯を確実に刺激して女性をイカせる3つのテクニックをご紹介。
巨乳限定!!彼女を喜ばせるための3つの愛撫テク
おっぱいを目の前にするとついむしゃぶりつきたくなりますが、実は巨乳の女の子はおっぱいを愛撫するだけじゃ濡れないって知ってました? 巨乳の女の子はあるところを責められるととても弱いんですが、その大事なポイントについてGカップ介護士の女の子に聞いてみました。
オナニーでは出来ない刺激で女の子をSEXモードにさせるセックステク
SEX中テクニックを駆使しているはずなのにイマイチ女性の反応がよくないことってありませんか?それって実は女性が全然感じていない可能性が。 この記事の3つのコツを駆使すれば、どんな女性もSEXモードに突入します。
前戯なし挿入派の女性が求めるたった2つのポイント
前戯はめんどくさいけど、やらないと彼女から愛が無いとか言われていやいややってるひとはいませんか?実は前戯なしでも挿入のコツをつかめば満足させられるかもしれません。今日は前戯なし挿入でも女性をイカせるテクニックについて紹介します。
激しいセックスのあとだからこそ女性が求める○○とは?
激しいセックスは時として男性の自己満足に終わってしまうことがありますよね。女性は内心冷めています。しかし、実は女性も激しいセックスを求めているんです。大事なのは激しいセックスをした後の○○。 コレがわかると女性はつい本気でSEXしてしまいます。
女性の一番開発された性感帯を簡単に見つける方法
女性の一番開発された性感帯の見つけ方って知っていますか?これから開発していく楽しみももちろんありますが、すでに開発されている性感帯を攻めるのも一興ですよね。そこで今日は女性の一番開発された性感帯を簡単に見つける方法をお伝えします。
モテる下ネタ会話術で女性の心を支配するコツとテクニック
合コンや飲み会でいつもいい人止まりのあなたは、いい加減一皮剥けたくありませんか?初対面の会話で女性の心を支配するためには猥談を用いたモテる会話術が必要です。下ネタHな話が出来なきゃゴールはない!モテるための会話のコツとテクニックについてお伝えします
女性経験が少なくてもセックスのやり方を上達させる方法
キスや正常位などセックスのテクニックを上達させたいと思っても、実践の回数が少ないからなかなかやり方がわからないという方は多いです。その結果自分よがりな女性ウケしないテクに走ってしまいがちに。 そこで、管理人が1000回以上の実戦経験から導き出したプロも本気になるセックスのテクニックを伝授します。 これを読めば、女性経験が少なくてもセックスのやり方を上達させることが出来ますよ。
夜の営みがルーティン化しているカップルが興奮を取り戻すための目隠しセックスのテク
カップルにとって避けては通れない問題のひとつがセックスのマンネリ化。これが原因で破局というのも珍しくありません。そこでこの後すぐにでも新鮮な興奮を取り戻すことが出来る方法が目隠しセックスです。ちょっと刺激が足りなくなっている人必見です。
激しい手マンは膣を傷つける?潮吹きプレイのオーガズムとリアル
潮吹きは女性のオーガズムだと思っていませんか?実はそれ間違った知識かもしれませんよ。 それは潮吹きの正体を知れば簡単に理解することが出来ます。女性がイッた証拠が欲しいのが男の心理ですが、潮吹きについては正しい知識を身に付けて誤解の無いようにしてもらいたい。 そこでこの記事では、みんなが目を向けたがらない潮吹きプレイのリアルについて紹介します。
元カノを抱くための7つの方法。セフレになっちゃう女の心理
元カノを抱きたくなるときってありますよね?復縁したいわけではないけど、カラダの関係は続けていたい。むしろセフレ方が良好な関係が築けるときがあるのです。 そこで元カノとセックスするために必要な7つの方法とコツを紹介します。
セオリーガン無視!いきなり挿入から始めるセックステクニック
マンネリセックスは男も女も精力低下の原因に。最悪セックスレスから破局するということも現実です。 マンネリ打破にはセオリーに縛られないことが重要ということで、挿入から始めるセックステクの紹介。
賢者タイムとは結局何?男女のすれ違いに悩んだらこれを読め
賢者タイム中にそっとしておいてほしい男と、イチャイチャしたい女性のすれ違いはなぜ起こるのか。 その原因と解決策を解説します。さらに賢者タイムから素早く復活するための方法についても紹介!
体の相性がいい人の特徴とは?自分にマッチする相手の見分け方
体の相性がいい人とはどんな人か。あらかじめ見分ける方法はあるのか。相性が悪い人とでも盛り上がるエッチの方法など、とっておきのネタを集めました。
Gスポットを完全に開発する手順と見つけ方のコツ
Gスポットの開発をするためには、場所よりもどうやって愛撫するかのほうが大切です。 正しい手順で刺激することができれば、挿入中に快感を手に入れることも容易になりますよ